伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新(2017/05/26)


昨晩は25時前に就寝。眠気が微妙だったので、フルニトラゼパム*11錠とゾルピデム*25mg、それにエバミール1錠を服用。果たせるかな25時半ごろにストンと入眠。
今朝は7時半過ぎ起床。薬効が強力なだけあって眠気の抜けが悪いです。調べてみると睡眠の質も悪化させるようなことがあったので、極力使わない方向にした方が良いのかもしれません。

朝食を摂って身支度ののち、図書館へ。向かう途中WCCFを500円4クレジットほどプレイ。徐々に新バージョンのカードが出回ってきて色々と楽しみではある。
図書館では例によって師団関係の調査。

夕方帰宅してから、夕食のために再度外出。近所にある美味くて安いピザ・パスタの専門店へ。



図書館での調べものをやっていると、どうしても集中力が一定時間以上保たないわけで、休憩がてらWebやらを眺めてしまうわけですが、先日Ubuntu環境にSteamなんてヤバいシロモノを入れてしまったわけです。大変オソロシイことにUbuntu環境でも動くゲームというのが増えてきているもので色々探してしまうわけですね。

で、衝動買いしてしまいました。
store.steampowered.com
少し前に発売されていた、Cities: SkylinesDLCです。最近日本語化MODがこのDLCにも対応したということで、ついつい衝動買いをしてしまいました。
もっとも、これに関しては日本語化MODが対応したら買おうと思っていたので、正直に言えば遅かれ早かれ買っていたわけですが。
yohichidate.hatenablog.com
こんな記事も投げていることですし*3

store.steampowered.com
こちらは完全に衝動買いです。Ubuntu環境で遊べるようなゲームはないかと思って*4探していたら、偶然見つけてしまった次第。おまけに限定のセールもやっているという。

まだ未プレイなんですが、ハッカーになって事件を解決するというアドベンチャーゲームのようです。



こちらのまとめに関するつぶやきです。
togetter.com
まとめ内で露出オーバーが原因と種明かし*5されてますけど、面白い写真ですね。写真撮影の王道ではないと反発する向きもあるけど、この手の「失敗写真」も味があって個人的には好みだったりします。目をとんがらせて写真を撮るんじゃなくて、たまには意図的におかしな設定にして撮影すると面白い写真が撮れたりします。もちろん本当に欲しい撮れ方をすることはまれで、大概が失敗作になるんだけど、たまに奇跡の一枚が撮れたりするから写真は面白いです。

私がたまにやるのはISO値を極端に高めてザラザラな感じに撮るなんてことをやっています。夕方とか比較的光線が柔らかい時間帯だと非常に面白い撮れ方をしますね。

*1:ロヒプノールのゾロ薬

*2:マイスリーのゾロ薬

*3:ちなみに日本語化MOD云々のところは更新しました

*4:実のところ上述のCities: SkylinesもUbuntuで遊べるのだけれども、処理能力的にモバイルマシンでは現実的ではない

*5:夜間に撮影した際に手前の比較的暗い状態の増上寺へ露出がセットされたためライトアップされた東京タワーが露出オーバー状態となってしまった

広告を非表示にする