伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新(2017/06/14)

2017/06/14のTwitterをもとに出来事やメモを記述していきます。

Twitterのつぶやき呼び出しがかなり処理的に重たく、自分でも不便*1なので、極力「続きを読む」記法でトップページから追い出すことにしました。
不都合があったら適宜変えていくつもりです。

後述しますが、今日は久々に「はてブ」をガリガリ書いていたのでかなり疲れました。



昨晩は24時過ぎに就寝。いつものようにゾルピデム*2を5mgとエバミールを2錠服用。
中々眠れず入眠したのは25時過ぎ。しかも寝ている間にどうやら無意識のうちに睡眠ログを切ってしまったようで、情報が全く取れておらず。残っている情報を見る限りはかなり眠りが浅い感じでした。

今朝は7時起床。入眠前に仕掛けた目覚まし時計のアラームと家人の物音で目が醒める。これで明日も起床に問題が無ければ少し起床時間を前倒ししても良いかもしれませんね。

朝食を摂って身支度をしてからニュース関係を一通りクリップ。昨日はクリップした記事をあまり読み込めていないので相当溜まっている状況なんですよね。ちょっとしんどいです。



それでクリップした記事をいつものようにOneNoteに放り込んだわけです。Ubuntu(というかLinux)でもWebベースのOneNoteは使えて、クリップした記事を読んだりする程度は出来るので。もちろんネットワーク接続が前提になるので、そこは非常に不便なところではあるわけですが。

で、例によって同期がサーバビジーでうまくいかないorz ここのところあまりトラブルが起きることも無く安定していたので油断していたんですが、OneNoteはこういうヤツなんですよ。これさえ無ければ本当に便利なアプリケーションなんですけどねぇ……
OneNoteの再起動や同期を繰り返すもサーバビジーでどうにも進みません。朝から本当にげんなりします。



それでも30分ほどだったか同期と格闘してようやく完了。いつものように準備をして図書館に向けて出撃。

移動中少しうとうとして図書館へ向かう。まずは通り道にあるゲームセンターでいつものようにWCCFを4クレジット500円プレイ。今回、休養*3を入れていないこともあって、全体的に後半スタミナ切れしがちな状況に陥る。ただ、苦戦するも4戦全勝。ただこれ、明日プレイするときはどっかで休養を入れないとヤバいですね。1試合残っているカップ戦が終わって、レギュラーリーグ1stディヴィジョンに入ったタイミングですかね。

ゲームセンターを出て少し早めに昼食を摂り図書館へ。iPodで音楽を流しながら師団関係の調査をば…… と思ったら、イヤホンのイヤーピースが片方取れているorz 予備も確か無かったので事実上使えない状態に。うーむ、どうにもついていません。暫くは音楽無しの生活を送らないといけないようです。

今日はあまり長居もせず帰宅。帰途三井住友銀行にデカデカとスーツ姿の堺雅人が出てて思わず吹きました。何と云うか「向う傷を恐れ」ないにも程があるだろうと。
夕食を摂ってPCに向かう。しばしyoutubeを眺めたりなんぞしつつ*4時間を浪費していたけど、今日は「はてブ」を書かないといけないことに気づき、そちらに取り組む。

そういえば、今日Ubuntu機にJDを入れてみました。某AA系のスレッドをいくつか追っかけているんですが、どうしてもズレが酷いので専用ブラウザで眺めたら少し違うのかなぁと思った次第。やはり多少はマシになりますね。ちなみにこちらのサイトを参考にしました。
www.karelie.net



工場に出入りしているとこの手の転落事故に関する意識ってのは本当に変わりますね。まぁ、そんなことを気にせず、労災発生待ったなしなことを大掃除にやらかすBAKAもいたわけですが*5



これは実体験的にも同意できますね。気にしない向きがあるのは承知するけども、大方のひとにとって他人が暴言を吐かれる状態を目にしただけで、相当に気分は悪くなるしモチベーションも下がる。



久々にはてブをやります。明日の未明にはアップロードする予定です。
いや、結構苦戦しました。手元にある資料をネタにチョコチョコ書けばいいかな、と思っていたんですが、ところがどっこい資料にある情報はそれほどでもなくて、結局あれやこれや調べるハメになって相当に時間を取られてしまいましたね。

*1:幾つかの記事は自分で使う用にまとめていたりするため

*2:マイスリーのゾロ薬

*3:全体練習をキャンセルして全員のスタミナを回復させる

*4:自宅用のヘッドフォンで音声を聞く…… 嗚呼イヤホンorz

*5:キャスター付きの椅子を机の上に乗せて蛍光灯の付け替えをやらかしやがった

広告を非表示にする