伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

絶対ニコン主義!(マニュアルカメラ編集部 編/枻文庫)


ニコンカメラの最高級機について纏めたムック的一冊。折に触れて「質実剛健」という表現を使っているあたり、まさにニコンのブランドイメージってのはここにあるんだなあと思う。私がニコン信者になったのもこのあたりのイメージに魅了されたのが大きいわけでして。とはいっても、イメージ先行の部分は多分にあるのかなあとは最近は思っていたり。
実際プロユースではキヤノンも相当使われている(不肖・宮嶋氏もあんなハードな環境でキヤノンだし)わけで、必ずしも報道カメラマン=ニコンとは言い切れない所がありますな。
とはいえ、一度身についたものってのはなかなか振り払えないもので、たぶん今後もニコンという会社がある限り、カメラを買うならニコンになってしまうんだろうな。
とくに読む必要は無いと思うけど、ニコンの一眼レフカメラの歴史に触れたいなら一度目を通しても悪くないかと。