伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新(2016/12/11)


相変わらず起床時間がアレなのは継続してますね。
入眠もスムーズというか、プツッと意識を刈り取られるように眠りにつくような感じで決して健康的な入眠とは言えなかったりします。



昨日パックスラジオで買ったケーブルがどうにもうまく使えない状態なので、純正のソフトを探しに再訪…… とか考えていたんですが。



いくつか実験してみたいことが残っているので、とりあえずパックスラジオの方はパスしてジョイフル本田の瑞穂店だけ行くことにしました。

朝食を摂ってから準備して出発。道路は店の近場はやや混んでいたものの概ね順調でした。



それでジョイフル本田です。まあ、呆れるほどデカい店です。



店の端から端が見えない床面積一杯プラスアルファに駐車場があるという、ある意味常軌を逸した収容台数です。これに加えて少し離れたところに第2駐車場まで…… つぶやきで「アメリカンな感じ」と書きましたけど、本当にクルマ利用を前提としたお店です。



瑞穂店自体はジョイフル本田のなかでも比較的新しい部類らしいんだけど、オートスロープを使ってカートごと移動させる作りはコストコと似ていますね。カートのサイズもオートスロープもコストコと比較すると一回り小さい感じですが、購入するもののロット的にはちょうど良いんでしょう。まあ、建材の類を買ったときにはそれはそれで考えなきゃならないですが。
店自体は日産の工場跡地をそのまま使っていることもあって、まあ余裕がありますね。この手のホームセンターって、陳列をギチギチにしすぎて見づらいというのが往々にしてあるけど比較的見やすい部類でした。



ペットコーナーそのものは、やや大規模なペット用品専門店といったところですね。極端に品揃えが豊富ということもなくて主要なところをきっちり抑えている感じです。実際、家族から頼まれて樹脂製のダンベルを探しに行ったんですけどありませんでした。この手のアイテムは恐らく海外から輸入してきたものを問屋経由で仕入れているでしょうから、あまり需要的にニッチなものは置いていないんでしょう。反面フード関係は比較的充実していたように見受けられました。少なくともホームセンターレベルの品揃えでは無く、専門店レベルに足を踏み入れている感じですね。



ここはやっぱりホームセンターだなぁと思ったのはハンドツール周りです。ホームセンターを見に行ったときに必ずチェックするのはここなんですけど、ラチェットやレンチはTOPやTONEの製品まででしたね。MAC TOOLだとかSnapon、KTCといったメーカー品までは揃えていないです。ドライバもPBのやつを探していたんですが無し。

ぶっちゃけこのあたりの製品はかなり高価な上そうそう壊れるものでもないから不良在庫になるし揃える義理も無いんでしょうけど、それにしても残念ではあります。



多分、ジョイフル本田の一番のウリは建材・資材関係でしょうね。このあたりに力を入れている大型ホームセンターの3倍くらいの床面積に所狭しとモノが揃っている。正直、歩き疲れていつもはチェックするアルミ形材まで見きれませんでした。恐らく定番品は一揃いあることでしょう。



個人的に目を惹いたのはカー用品コーナーです。
陳列自体はあまり目立たないんだけど、最低限必要なアイテムは一揃いあるような感じです。ワイパー関係やオイルといったあたりはきっちり揃っています。ヘタなカー用品店よりも充実しているかもしれないですね。
あと、こちらも疲れ果てて見てないんだけどタイヤ専門のコーナーもあるようで、こちらの品揃えもちょっと見ておけば良かったですね。



抜けや漏れはあるものの一通り見たんですが、とりあえず馬鹿でかい店です。これは功罪あって、とにかく歩き回らないといけないのが本当にしんどいです。店の端から端までヘタしたら1kmくらいあるんじゃなかろうか。

あと取扱製品の幅がとにかく広いんですが、1品目1メーカーみたいなところがちょっとありますね。航空写真を撮るのに脚立をついでに見て回ったんですが、長谷川工業の製品しかありませんでした。もしかしたら別のコーナーに置いてあったのかもしれないけど、正直探せなかったのでこれだけなのかと思います。脚立と言えば個人的にはアルインコ*1の製品が欲しかったのですが、ありませんでした。

*1:無線機器の方が一部では有名だけど、元々は足場の製造をしているところなので、全般的に堅牢なつくりになっている。ちなみに無線機器は社内の無線マニアが立ち上げたという噂が……

広告を非表示にする