伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新(2016/11/27)

今朝は貫禄の10時起床。もはや人間としてなにかダメなんじゃないかと思ってしまうレベルです。
まさにクズ、伊達要一です。


かつて伊集院光だったか「フリー雀荘で頼んだメシの分負ける程度の腕前」なんて話を聞いたことがありますが、こちらは投票券の負け分+メシ代ですからもっとアレですわな。

昔からなのか、それとも営業努力なのかどうかまでは知らないのだけど、あの手の鉄火場のメシって旨いんですよね。決して美食の世界ではないけども、過度に工業的・資本主義的ではないジャンクさとでも言えばよいのでしょうか。
そもそも、あんまり*1行く機会も無いし、どうしても行楽モードになってしまうんですよね。現地でメシを食って楽しむことが第一になってしまう。



テレコンやワイコンのテストもせずにお出かけしてきました。まあ、主目的は散髪だったのですが。

それなりに公共交通機関好きの類と自認しているつもりですが、大抵乗ると眠くなるんですよね。とくに夕方のバスや電車は大概寝てしまいます。今回猛烈に眠かったけど眠るまで行かなかったのは珍しい部類かも。



ってなわけで、こんなものを買ってしまいました。

前者はテレコン・ワイコンと一緒にカメラを仕舞えたら便利だと思い衝動買い、後者は悩んだ挙句購入といったところです。以前、OLYMPUS純正ソフトとPaint.netではスタジオワークが捗らないとぼやいたことがあったかと思うんですが、名の通ったLightroomPhotoshopで多少なりとも改善するかと思いついに導入してしまいました。

*1:というか、ここ3年くらいこの手の鉄火場に行ってないことに愕然とする

広告を非表示にする