伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新(2016/11/19)(2016/11/21追記あり)

f:id:yohichidate:20141228094820p:plain


本件、具体的な夢の中身を書くとこのBlogが凍結されかねないような内容ということでお察し頂ければと思う次第であります……
心の奥底に眠る欲望は「era」く「are」。
伊達要一です。



以下の記事に関するつぶやきです。
yohichidate.hatenablog.com
とりあえず動くものを作りたいという欲望もあり、まずはTinyに進めていくつもりです。
ハードルの高いデータの自動収集周りはそれこそ後でというのもアリかも。
いずれにせよ、ご意見等々是非頂ければと思います。はい。

Windows10との戦い

ここのところWindows10ネタを延々と垂れ流しているので、コンテンツとしてまとめることにしました。
過去分もとりあえず目に付いた文はまとめてあります。最終的にはCF-RZ4でWindows10を使う場合のTIPSに出来ればいいですね(願望)。

2016/11/18 22~23時


結構長湯をする方だと自認してて、1時間弱風呂に居たんですがまだ終わってませんでしたorz どんだけかかるんだよ。

そいでそんな愚痴をつぶやいたらクナウドさんからこんなリプが届きました。


なんといいますか「ですよねぇ~」としか言えないわけですが。
思わずこんなぼやきを返してしまいました。


あ、「@」をつけるの忘れている(をい)。

そうこうしているとさらに桐島葵さんからこんなリプが。



なんとかー(讃岐弁)。こりゃかなわんでー。
それを受けてこんなぼやきをつぶやくアテクシ。


まあ、ぶっちゃけWindows7Windows8もそう大差ないですよね。これ、3日以上続くのかよ…… と内心げんなりしながらのぼやきです。

こんなぼやきに対する桐島葵さんのリプがこちら。


うーん、これは結構微妙かも。どちらかといえば販売する玉が無いというのが適切なんでしょうか。確かに企業ユースで言えばまだWindows10の中古機を使う需要は無さそうだけど。
そしてMac推し。ここのところAppleに対する批判を垂れ流している身からすると思わず反論したくなってしまいます。


このリプを詳しく書いた記事は最近だとこんなところでしょうかね。
yohichidate.hatenablog.com
正直に言えばPOSIX互換機としてのMacはそれほど嫌いじゃないんですよ。写真関係の編集からプログラミングまで1台で賄えるだけのパワフルさを秘めているわけだし、Windowsでしか動かないようなアプリ*1もBootcampを使ってVMで動かせば十分使えるわけでそれほど忌避する必要も無いんですよね。
ただ、Macbook以降のストロークの無いキーボードとユーザビリティを考慮してない端子設計、それに迷走しているUI/UX思想を見ているとそれに振り回されることになりかねない懸念があってどうにも手出しする気にはなれません。
私みたいなダサいオッサン*2にはあんなオサレなプロダクトは要らないんですよ。それよりも堅牢で頑丈、それに軽量コンパクトをつきつめた端末の方がいいです。もちろんまともに打てるキーボードがあるという大前提がつくわけですが。これがあるから、オサレ云々を抜きにしたところでMacbookや現行Macbook Proは選択肢から外れることになります*3

かつてはPanasonicのLet'snoteがそれだったけど、最近はちょっと怪しいしなあ*4。前にも書いた記憶があるけど、HPのマシンは一度試してみたいところです。MIL SPECを満たしているあたり頑丈さ、堅牢さは最低限満たしていると思われるので。

2016/11/19 0時


この時点でだいぶ眠気が来ていたので、WindowsUpdateを放置したまま就寝へ。まあ、一晩でどのくらい進捗するか見ものということで。

この間、スヤァ…… 状態です。
そいで「era」く「are」な夢をみたわけですが(苦笑)

2016/11/19 8時


明けて2016/11/19の朝時点。
無事というかWindowsUpdateのところは終わったらしく、プロダクトキーの入力を求められました。

どうやらBuild 10158以降プロダクトキーが変わったらしく、現時点では以下のMicrosoftコミュニティ内に掲載されているキーを入力すれば良い様子。ちなみにisoファイルを提供している最新のBuildは14965ですが、無事通りました。

answers.microsoft.com

Insider Preview で使われるプロダクト キーをビルド10158で変更しました。
Windows Update を通じて新しいビルドにアップグレードしている場合には、プロダクト キーの入力が必要なるとは考えていませんでした。もし、ビルド10158以降のビルドでプロダクト キーの入力を要求される場合には、以下のキーを使ってください。

Windows 10 Insider Preview Home Edition 用 :
KTNPV-KTRK4-3RRR8-39X6W-W44T3

Windows 10 Insider Preview Pro Edition 用 :
8N67H-M3CY9-QT7C4-2TR7M-TXYCV

Windows 10 Insider Preview Enterprise Edition 用 :
CKFK9-QNGF2-D34FM-99QX2-8XC4K

ビルドが Slow 設定向けにリリースされるまで、ISO ファイルは利用できません。
そのため、現時点で ISO ダウンロード ページに記載されているプロダクト キーは、ビルド 10130 用です。

Slow 設定向けにビルド 10158 がリリースされ、新しい ISO ファイルが利用可能になると、ダウンロード ページに記載されているプロダクト キーは更新されます。
ビルド 10158 をはじめとし、Windows 10 Insider Preview のクリーンインストールでは、Windows を認証するためにセットアップ中に適切なプロダクト キーの入力を求められるでしょう。

Windows 10 Insider Preview Build 10158+ 用のプロダクト キー(Microsoft コミュニティ)

今回はPro Edition*5のキーを入力して次へ。

2016/11/21 追記:
あとでわかったんですが、そもそもこのキー関係無いみたいです。
Windows8.1環境からのアップデートであれば、そこで使っていたプロダクトキーが引き継がれるみたいです。なので上記の記述は無視してください。

どうせ時間がかかると思い、朝食を摂りに階下へGo。戻ってきても当然まだ終わってません。ってか22%のまま止まってます。そんな状況下でこんなリプがクナウドさんから。


なんとかー(讃岐弁)。そいつはかなわんでー。
言われてみれば確かに22%のまま止まってますね……
思わずこんなリプを飛ばします。


まあ、ある意味手順検証という側面もあるので…… そして再びリプが。


これを読んで以下のリプを返します。


どうやらWindows10環境で自動的適用が上手くいかないという事例のようで、Windows8.1環境でどうなるかは微妙っぽいです。まあ、実験、実験です。

2016/11/19 9時


流石にPCの前でダラダラ待つのもアレなので、その間身支度をしてきたわけなんですが相変わらず全然進まないというね。
まあ、このまま放置しておきましょう。そのうち終わるか1日くらい放置してもダメなら別の方法を考えるか、ですかね。



裏でナレッジの収集を継続中。こんな情報を発見。

Windowsのフォントが美しくないので、MacTypeというレンダリングを改善するソフトを入れていました。私の持っているWindows機はすべて入っています。

調べてみるとそれが原因でした。Windows 10の新しいビルドではBSoDが発生するので、パッチを当てる必要があるとのこと。

MacTypeに限らず、起動時にロードされるタイプのソフトウェアを使っていると同様の問題が発生する可能性があるので、そういったソフトが無いか調べてみるといいと思います。

[Win10] Anniversary UpdateでCritical Process Diedになったときの対処法 - ITジョー

これ、現実的にはトレースが面倒くさいことおびただしいですわな。

で、色々探していくとかなり参考になりそうなページを発見。

tokunakimochi.blog.jp

今回の件とは直接関係ない(ハード周りの問題ではないっぽいので)話ではありますが、あとで読み込む方向で……

2016/11/19 11時


この裏で(仮称)道の駅訪問管理システムについてあれこれ考えていたんですが、一段落して戻ってきてもやっぱり22%のまま進捗無しorz タイムアウトで止まるとかそういう工夫は無いんですかね、コレ。

2016/11/19 12時


にっちもさっちもいかない状態なので、一旦中断してみましょう。再起動をかけてどうなるか…… ですね。



「これには数分間かかることがあります」って出てるからすぐ終わると思ってたんですが、待てど暮らせど終わらないorz 本気で嫌になりますわ。これ。



タスクマネージャから強制的にアップデートアプリをkillして*6再起動したらこのザマですよ。
眺めていると結構いいペースで進んでいるっぽいけど、最後の方に累積アップデートが待ち構えているからどうなるか。これで環境が吹っ飛んだらもう諦めるしかないのかも。

まあ、PCの前に待ち構えていてもしょうがないので、ここで昼飯にしたいと思います。はい。

2016/11/19 13時


思ったよりは良いペースで進んでいます。

HoI4をやっている途中で、諸事情ありPC前を離席。戻るころには再起動されていますかね……

2016/11/19 16時


席に戻ってきたときには終わっていました。



12:50スタートでしたから実際には3時間もかかってないですね。ああ、勘違い。
それでもエラく時間がかかりました。最悪の想定よりはマシでしたが。



念の為再度チェックをかけたらさらに3件おかわりが。当然こいつらも適用する必要があります。
インストールを実行しましたが……



なんかこけましたorz



どうやら排他関係にあるものらしく、待っていてもしょうがないのですね、これは。
再起動をかければ恐らくはそこで適用されるでしょうから、再起動してみましょう。



再起動を実施します。案の定適用がかかって再起動完了。



これで重要な更新は完了。念の為というか、Windows10になってからの適用が嫌なので、この時点でオプションになっているものも全部適用します。
出かける時間が迫っていたので、適用させたまま外出することになると思いつつ実行させます。

2016/11/19 17時


この時点で外出の準備をしていたのですが、思っていたよりもスムーズに進んでいます。せっかくなのでギリギリまで粘って完了するか待つことにしました。



デッドラインギリギリに適用が完了し、再起動だけセットします。このタイミングは出かけるときに必要な荷物をカバンに突っ込んでいるときでした。



再起動をかけて、そこから多少時間がかかりこれはもうダメかなと思ったら更新プログラムの構成に入りました。
出かける本当に直前になって無事起動。ここでシャットダウンをして外出です。つけっぱなしで出かけずに済んで本当に良かった。

2016/11/19 20時


落ち着いたところでWindows10のセットアップを再開です。
幸い、モジュールは正常に動作*7して、Windows10のインストールが開始されました。

2016/11/19 21時


今までの悪戦苦闘がなんだったのかと思うくらい今のところスムーズに進んでいます。



インストールが終わって更新プログラムの構成に入りました。
進捗の感じからこれは時間がかかりそうですね…… なんとか今日中にはWindows10にするところまでは終わらせたいのですが。



インストールが終わって更新プログラムの構成に入った段階からカウントして2回目の再起動です。
まだ30%台ってどのくらいかかるんだろう。

裏でウェブブラウジングをしながらやっているんですが、流石にほっぽらかしておくわけにもいかず困ったものです。



想像よりも時間がかかってますが、まずまず順調と言っていいかもしれません。



丸一日以上かかってようやくここまでたどり着きました。いや、本当に長かった……



ディスプレイドライバが適用されている関係上「ださくない」です。素晴らしい。



ここからがさらに面倒でPanasonicが提供しているドライバ類を入れないといけません。

CF-RZ4、MX4、SX4、NX4、LX4シリーズ、CF-314シリーズ、FZ-G1Lシリーズ Windows 8.1 Update(64bit)から Windows 10(64bit)へのアップグレード対応モジュール

これ、困ったことに一部のドライバが不足しています。現時点では「Intel Virtual Button Driver」が上記サイトには含まれていないので、クリーンインストール用のサイトから落としておきましょう。

CF-RZ4、MX4、SX4、NX4、LX4シリーズ、CF-314シリーズ Windows 10(64bit)クリーンインストール対応モジュール

2016/11/21追記:
これ、手順書をよくよく見てみたらWindows7からのアップデート時のみ必要なモジュールでした。間違った記述のため消しておきます。

さてWindows Updateをかけようとしたときにふと気づきます。

これ、ライセンス認証されてねぇじゃん。



どうやら、例の無料Updateと同じくWindows8.1からのアップデートだとWindows10 Homeにしか上げられない模様。そしてこの状態でHomeには戻せない。

ということは、まさか…… まさか……

ふりだしに戻る

o..rz

今日一日の苦闘はムダになりましたとさ。



かの名作をネタにして色々アレですが、もう心が折れました。明日続きをやることにします。マジで泣きそうです。はい。

*1:秀丸エディタとか。ぶっちゃけ秀丸エディタは隠れたキラーアプリだと思います。

*2:もう自分で認めることにしたorz

*3:何度か店頭で試してみたけども、底打ちがあまりに酷くて、使い物にならないという感想しか持てなかった。Macでプログラミングやテキスト打ちをやるような人たちは、あれでまともに使えるのか疑問に思います。

*4:採用しているSSDとか内部の設計がUltrabookとしての設計で堅牢さという観点では一昔前のLet'snoteと比較すると劣るらしい。

*5:職場だとおそらくProかそれを拡張したEnterpriseを使う可能性が高いので

*6:この表現が*nix屋のにおいがしてアレかもですな

*7:インストール方法で「個人ファイルとアプリを引き継ぐ」以外を選択しようとするとループっぽい挙動をしていたところはあったけど、まあ許容範囲でしょう