伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

本日の更新

大概ボヤキのタネもそろそろ語彙の観点から尽きそうな今日この頃ですが、なんとはなしに良くも悪くも年齢よりかは大分軽くはありますが、責任などというものを背負うようになって、如何にも生きにくい日々になりつつあります。
所詮それが人生というものなのでしょうが、なんといいますか漱石夏目金之助先生のころから世間なるものはあまりに変わらないものだとつくづく感じる次第。
だから何だと言われれば、それは高々三十過ぎには大分時を経て、四十手前には先がある身には些か語るに難しなどと呟きに身を任せたくなるところだったり。
などと明治末年趣味丸出しの田舎厨二病丸出しのボヤキ、でした
広告を非表示にする