伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

今日のはてブ(2015/01/08)

f:id:yohichidate:20141228094720p:plain

貧乏暇なしなどと冗談を云う気力も無いくらいに新年早々アレなことになっております。
申し訳ありませんが本日も短縮版ということで。

なお、明日ですが確実に更新が日付をまたぐことになりますのでご了承ください。

中国・広東省 "珠江デルタ+ワン"の時代

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2015/01/06-18615.html

[化学][化学工業日報][中国][広東省][珠江デルタ]「+ワン」というには、同じ中国国内という時点でリスク分散として疑問符がつく。中国で敢えて展開したいって場合に労務コストがある程度抑えられるってのと用地が今なら買いやすいってあたりか。

(追記)ぶっちゃけサプライチェーン的にも微妙だったりとか、わざわざ連携しにくいところに拠点を増やすってのはコストとベネフィットが釣り合わない感が否めないですね。
別に中国に進出するって判断そのものは、その企業の事業のポジションによって必要/不必要が分かれるわけで、それをそのものを云々するほどアレじゃないけども、「ためにする」中国進出(例えば単に「労賃が安いから」とか程度の動機のアレね)は破滅へと真っ逆さまに落ちていくだけだろうと。
別にそういうバカな経営者や重役が地獄に落ちる分には指をさして笑うべきだけど、それに巻き込まれる下っ端従業員がいい迷惑ですわな。

広告を非表示にする