伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

ただ、ただ、まぎらわしいわ!

本日はエイプリル・フールであります。
ネット界隈では古くは窓の社(こいつは現役)のようなジョークサイトがあちらこちらで見られるという日なのですが、ぶっちゃけた話食傷気味なわけであります。
この手のジョークというのはそれなりにセンスというものが問われるわけで、そんじょそこら思いついたような安っぽいジョークがあふれるというのはそれはそれで面倒でつまらないもんであります。もっともそれを流すのがオトナな仕儀だと言われればそれまでなのでありますが。本稿はあくまでも特定のサイトを揶揄するわけでなく(以下略)。
さて、今日はそんな日です。ウソが満ち溢れている日です。ぶっちゃけ、ウソみたいな話は大概「エイプリル・フール乙」で終わるわけです。
世の中にはウソみたいな本当の話というのがあるわけです。例えばこんな話。

技術少年出版、Z80上位互換CPU搭載学習用8bitマイコンキットPC Watch

そもそもこの会社名自体が胡散臭いし、このご時勢8bit機を10万から20万でってだけでもウソくさいわけですが、確かに教育の観点で言えばとっても有用だし、色々遊べるわけです。ってか、これマジだと。
値段こそ結構お高い(って言っても、Windows95全盛期のエントリマシンでもこのくらいはした)ですが、なかなかどうして面白いしすばらしい取り組みで拍手喝采したいのですが、どうしてよりにもよってこの日にリリースするのかと。
関係者一同、おそらく狙ったのでしょうが、それにしてもまぎらわしいわ!