伊達要一の書棚と雑記

伊達要一の読んだ本の紹介と書評、それと雑記

神様のカルテ(夏川草介/小学館文庫)


一般文芸に対して書評を書くのは若干躊躇するものがある。ぼく自身それほどそういったものを読んでいるわけではないし、そもそも一般文芸でかなりの数を占めるミステリの類にあまり親和性が無いこともあって、そちらの知識があまりないからだ。第一、これらに対する書評なんて山のようにあることもあり、ぼくが書評する意味があまり見いだせない。
とはいうものの、本書は紹介する価値があると思って取り上げたい。
漱石かぶれの地方の基幹病院に勤務する医者の周囲で起きる出来事を切り取った物語である。これだけ取ればなんてことのない話だが、作者の文体も漱石をはじめとした明治の文豪の影響を物凄く見て取れる、漢文訓読体風の重い文体だ。重い文体というのはそれだけで今日ではデメリットになってしまう感があるが、本作はそうではない。まさに漱ぐに相応しい水のように軽妙洒脱に感じるのである。重い文体の本というだけで敬遠するのはまさに勿体ないと言わざるを得ない。
ライトノベルもそれなりに読むぼくとしては、軽い文体をそれだけでけなすつもりはさらさら無い。そもそも軽い文体というのは言文一致という明治からの国語運動の流れの一つの終着点であって、むしろ文学史的に真面目に取り扱った上で評価すべきなのだが、なかなかそうされないのが歯がゆく思うほどである。だけども、これほどまでに重たい文体の本もたまに読んでみることは非常に自分のためになることだと思う。特に漢文訓読体というのは「日本語を鍛える」という意味では極めて有効なものだと思うし、今日でしっかりとこれを使える作者というのも珍しい。
無論、物語そのものも読むべき内容だ。医者が接する患者、それも終末期の患者やある種人生を踏み外してしまった下宿屋の住人、外来のどうしょもない患者、それぞれに小説の根幹たる「人間」が描かれている。これも主人公、そして著者の漱石先生への傾倒が見て取れるほどだ。この「人間」という小説の題材をうまく扱えない「小説家」が一杯いる中で、これがどれほど稀有なことか!
ぼくが日ごろ紹介している評論とは毛色が変わったものであることは違いない。若い読者にも年寄りの読者にも万人にオススメできるものだ。知識や教養という意味では得るものは少ないかもしれないが、その前提となる「日本語」そして「人間」を見知るという意味で読むべき価値がある一冊だと断言したい。